2月の自力整体


<2月の自力整体>

2月1日(水)19:00~20:30

2月3日(金)19:00~20:30

2月7日(火)11:00~12:30

2月8日(水)19:00~20:30

2月10日(金)19:00~20:30

2月14日(火)お休み

2月15日(水)お休み

2月17日(金)お休み

2月21日(火)11:00~12:30

2月22日(水)19:00~20:30

2月24日(金)19:00~20:30

2月28日(火)11:00~12:30

3月1日(水)19:00~20:30

3月3日(金)お休み

3月5日(日)早島教室 11:00~15:00

3月7日(火)11:00~12:30

3月8日(水)19:00~20:30

3月10日(金)19:00~20:30

3月14日(火)11:00~12:30

3月15日(水)19:00~20:30

3月17日(金)お休み

<冷えの原因>
   坐骨神経のつまり 自律神経の乱れ 呼吸が浅いこと

胸椎5番のつまり=恐れ心配=尾てい骨ゆらしなどで改善

考え過ぎ=脳に血液集まり足が冷える=瞑想、呼吸法

食べ過ぎ=胃に血液集まる=小食は高体温のコツ

坐骨神経のつまり=自力整体で改善
<瞑想の効果> 脳波を安定させる

多忙や緊張、思考は交感神経優位となる→副交感優位に!

日常=β波 (活動 おしゃべり)

瞑想中 =α波~θ波 (安心 静けさ)
ノルマ、競争、計算=不安が潜在意識に宿る(特に女性)

本当は何も心配いらないということを思い出し、身体を幸せにしてから寝ましょう💛


先日31日は早島教室でした。

今回も内容盛りだくさんでしたが、ゲストの春名さんの穏やか〜な余韻が残り気持ちいい〜。

中咽頭ガンで命が危ぶまれる経験から16年過ぎた今、毎日元気に幸せを感じて生きているとおっしゃる春名伸司さんにゲストでお越しいただき、お話会とかくりん気功を行いました。

お話の中で印象に残ったのは、多くの健康法の情報の中で、あれもこれもはできない。何か一つでもいいから、これと決めた健康法を徹底的にやること。あとの健康法は軽く取り入れるのがいい。
春名さんは、なんと!療養中に、かくりん気功を1日10時間もやったのです。
ホリスティックの名医、帯津良一さんが、春名さんほど努力した人を見たことがない。春名さんが、かくりんをやっている姿はこの世の人とは思えなかった、と言われていたのを聞いたことがあります。

もともと自己評価が低いと病気になりやすい、と春名さん。
仕事は真面目すぎるくらいしていても、自分で選んだやりたいことを徹底的にやってみるということが、よく考えるとそれまではなかったそうです。

ガンを乗り越えるための自助努力で、初めて心と行動が同調した。その結果、満足感と自己評価を高めることにもなったそうです。

春名さんの口癖で、坦々と粛々と実行する、という表現があります。

自分を大好きになるくらい、坦々と熱心に実行する。実行すると効果が出る。

そのことを癖にしていくと、日々のいろんな自分の選択を肯定できるようになる。

食べ物一つ、見たもの一つに不満を残すことは、自分の選択、自分自身を批判すること。それはやがて自分を心身ともに弱らせていきます。
どんな不満な出来事、理不尽な出来事でも、一つでもいいから良かったところを残すことで、自分の選択、自分の1日を肯定できる。不本意だと感じたことは、なるべく忘れる努力をする。

これは、性格というより癖だから、ちょっと努力すれば変えられるんです、と春名さんも言われました。今ではとても静かで穏やかな方で信じられませんが、ガンになる前は全てに批判的で怒っている時期もあったそうです。

意識が変わって今ではとても幸せと言われています。

また、坦々と熱心に一つのことをやっている療養中に、こうなってほしいな思うことが不思議に叶っていくという、宇宙の応援もたくさん体験されたそうです。

病気に限らず、誰にとっても、どんな時にも大切な、貴重なお話。

本当にありがとうございましたー!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。