カテゴリー : 2017年 10月5日

フィンドホーンの風

8月26日

スコットランドのフィンドホーンに行きました。

55年続いているスピリチュアルエコビレッジです。

はじまりは3人の人が自然界のメッセージを受け取り、何もない海辺の村の隅に家族と共にトレーラーでやって来て、目に見えない何かのメッセージに従って開拓しました。

それから不思議なことがいろいろ起きて話題を呼び、人々が集まり長い年月をかけて、愛の溢れるエコビレッジになっていきました。

 

フィンドホーンのコンセプトは無条件の愛。

大切にしていることは

○ インナーリスニング

○ ラブイン❤️ アクション

○ 植物との共同創造

自らの内側の声を聞く時間を持つこと。全ての行動において、目の前のことに愛を注いでいくこと。そして、植物とコミュニケーションをとりながら活動していくこと。

わたしは、1週目体験週、2週目スピリチュアルプラクティスを体験させていただきました。

それで、改めて気づいたことは、やっぱり自分は植物と大地に触れることで開かれていく、ということです。

人によって、何によって開かれるのかが違うかもしれませんが、植物と繋がることで開かれる人は多いと思う。

この、自分が開くという感覚も、今回の旅を通して分かってきました。

簡単に言うと、頭のほうから意識を胸のあたりに下げてくることによって、体も心も開いた感じになるのです。

土と繋がると、さらにお腹に意識が下がります。そこまでいくと、お腹で考えてる感じになります。その状態だといろんなものが直感的に見えてきます。

フィンドホーンの風を受けて、開いた感じがこれからどうなっていくのか、とても楽しみです。

もうみんな、誰かから何かを教えてもらうことはしなくても、自分で感じ、自分で開き、宇宙と自然界との共同創造になっていくのではないかな〜〜♡